髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

白髪染めを行う際に

女性

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

カラー剤とマニキュア

鏡を見る人

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

染めたあとはどうするか

ディスペンサーボトル

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

髪の毛のお悩み

洗髪

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る

すぐにできる抜け毛対策

ディスペンサーボトル

頭皮シャンプーは優しい洗浄成分でできているので、皮脂バリアをはがすことなく不要な汚れだけを落とすことができます。頭皮の乾燥を防ぐ効果があり、ふけや痒みの予防にもなります。一緒に育毛剤や発毛剤を使うと薄毛改善が期待できます。

詳しく見る

髪が染まるトリートメント

ウーマン

髪と地肌を傷めず健康的に白髪を美しく染める、無添加の白髪染めが注目されています。無添加の白髪染めは、シャンプー前か後にトリートメント感覚で使用でき、使うほどに髪が美しく健康になっていきます。長く使い続けるものだからこそ、無添加の白髪染めは体に優しく安心で安全です。

詳しく見る

スベスベの髪の毛

婦人

アルガンオイルは、天然ビタミンEとオレイン酸を含んでいるため、皮膚を癒す効果が高く、また浸透力もとても高いです。アルガンオイルを髪の毛につけても浸透力が良いため、サラサラとした使用感です。注意点は、アルガンオイルの匂いがナッツのような香りであるかどうかを確認することです。

詳しく見る

低刺激なシャンプー

女の人

オーガニックシャンプーは、オーガニック栽培された植物を原料として作られたシャンプーで、化学物質による刺激を気にせずに使用できます。植物性の洗浄成分によるマイルドな洗浄力があり、花や果物の香りがついています。また、米や小麦由来のセラミドなど、頭皮トラブルを防ぐ成分が配合されていることも多いです。

詳しく見る

楽な方法で黒髪を取り戻す

鏡を見る人

白髪染めにはトリートメントやシャンプー以外にも、ヘアマスカラやパフなども出ています。さらに、育毛剤にも白髪染めの効果があることが注目されています。白髪と薄毛は原因に共通する要素があるので、育毛剤が有効なのです。

詳しく見る

思いのままの髪型に

レディ

おしゃれな女性のヘアアレンジに欠かせないヘアアイロン。さらさらのストレートヘアや、ふわふわの巻き髪など、色々な髪型が思いのままです。ヘアアイロンを使用する際のポイントなどをしっかりチェックして、ヘアアレンジを楽しんでいきましょう。

詳しく見る

艶やかな髪のために

ウーマン

デンマン社のブラシは、長い歴史を持ち、その使いやすさから世界中の美容師に愛用されています。トラディショナルD4はあらゆる長さの髪に対応できるブローブラシとして、定番のアイテムとなっています。デンマンブラシは、快適なテンションで髪をしっかりブローすることができます。

詳しく見る

きれいに長持ちする

鏡を見る人

ヘアカラーと白髪染め

髪の毛に色を付けるカラーリング剤には、ヘアカラーと白髪染めがあります。 ヘアカラーは黒い髪を明るくしたりなど、ファッションやおしゃれ目的で使われるとがあります。 しかし、元々髪の色素がない白髪を染めることはできませんから、白髪をカバーしたいなら、白髪染めを使うようにしましょう。 白髪染めは黒い髪の部分と白髪の両方を一気に染めることができます。 最近は種類も豊富でよく染まる白髪染めもたくさんありますし、髪が傷まないタプもあります。 長期間色持ちを良くするためにも、よく染まる白髪染めを使用するようにしましょう。 クリームタイプや液状、フォームタイプやスティックなど、形状も様々なものがありますから、使いやすくて自分の地肌と髪に合ったものが良いでしょう。

白髪をきれいに染めるコツ

最近は市販の白髪染めの種類も豊富ですから、セルフで白髪を染めている方もたくさんいらっしゃいます。 きれいにムラなく染めるためにも、よく染まる白髪染めを選ぶというのが大切です。 よく染まる白髪染めを使用しても、使う量が少なすぎると白髪がきちんと染まりませんから、たっぷりと使うのがポイントです。 また、放置時間が短すぎるときちんと染まらなかったり、色むらを起こすことがありますから、説明書にある放置時間を守るようにしましょう。 逆に長すぎると髪や地肌を傷めてしまいますから、注意が必要です。 コツとしては、温めるほどしっかりときれいに染まりますから、ヘアーキャップやアルミキャップ、サランラップや蒸しタオルなどを活用すると良いでしょう。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る