髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

染めたあとはどうするか

ディスペンサーボトル

白髪染めに限ったことではありませんが、染めたあとの髪の毛は非常にダメージを受けやすい状態になっています。よく染まる白髪染めを使った場合も同様で、大体1週間は髪の毛になるべくダメージを与えないように生活することが大切です。シャンプーのあとに髪の毛をタオルで拭く際、タオルで髪の毛を挟み、優しく叩くようにして拭きましょう。またドライヤーの使用は必須で、乾かしすぎない程度に乾かしてから就寝するようにしましょう。これによりダメージを防ぎ、枕やシーツなどへの色落ちを防ぐこともできます。
よく染まる白髪染めを使ったあと、そのままパーマ剤を使用する方もいますが、これはNGです。なぜなら、パーマ剤を使うことで髪の毛へのダメージが強くなり、また色落ちしやすくなってしまうためです。可能であれば、パーマをかけてからよく染まる白髪染めを使用しましょう。
それから、よく染まる白髪染めを使ったあとは毎日のシャンプーにも気を使わなくてはなりません。配合成分によってはカラー剤の色落ちを促進させてしまうものもあるため、できるだけカラー用のシャンプーやトリートメントを使用するのが望ましいといえます。なお、石けん成分が主に配合されているシャンプーを使用している方もいるかと思いますが、石けん成分は色落ちしやすいため避けた方が無難です。さらに、アルコールの含まれるトニックや育毛剤といったアイテムも避けた方がいいとされています。1週間程度の期間を空け、様子を見ながら少しずつ使用するという方法がおすすめです。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る