髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

楽な方法で黒髪を取り戻す

鏡を見る人

加齢やストレスで髪の毛に白いものが混じるようになると、一気に老けた外見になってしまいます。少しでも若々しい外見を保つために役立つのが白髪染めです。カットだけで誤魔化せないくらいに白髪が増えたら使い始めるといいでしょう。白髪染めの方法は色々と増えていますから、自分の染めやすい方法を選ぶと仕上がりもきれいにできます。タオルドライした後に使うトリートメントや、シャンプーなどが有名です。毎日使い続けることで、自然に染め上がっていきます。洗髪で取れるので毎回使うことになるタイプとしては、ヘアマスカラやパフを使用するタイプが出ています。外出時など一日だけの白髪染めならこれでも充分きれいに染めることができます。

市販の白髪染め以外にも、白髪を減らすことができるものとして注目を浴びているのが育毛剤です。実は髪の毛が白髪になる原因と、薄毛になる原因は本質的には同じものなのです。老化や精神的なダメージ、頭皮環境を悪化させる刺激などが関わっています。だからこそ、頭皮の血行を促進する育毛剤が白髪染めと同様な働きをすることがあるのです。白髪と薄毛が同時に発生している人にとっては、一石二鳥だと言えるでしょう。育毛剤の中には、白髪染め効果を高めるために成分などに工夫をしているものも出ています。育毛剤と一般的な白髪染めを併用するようにすると、さらに黒髪に近づくことができます。毎日地道に使うことで徐々に黒くなっていくので、自然に仕上がります。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る