髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

髪の毛のお悩み

洗髪

血行改善で、トラブル改善

老若男女問わず、頭皮のトラブルを抱えている方が大勢います。これは、間違ったシャンプーの仕方と、自分に合っていないシャンプーを使用していることが原因です。正しい洗い方は、シャンプーをつける前に、お湯で頭皮と髪の毛を優しく洗い流します。これで汚れの大半は落ち、シャンプーの節約にもなります。また、お湯で温めることで毛穴が開き、シャンプーの洗浄力を高めるのです。シャンプーはいきなり髪の毛につけず、手のひらに落とし、両手でこすってしっかりと泡立てます。この泡が、汚れを落としてくれるのです。そして、頭皮を痛めないように爪を立てず、指の腹で頭皮をつかむようにもみ洗いします。洗うときには、こすったりしてはいけないのです。こすってしまうと、生え始めの細くて柔らかい毛を引き抜いてしまい、薄毛を引き起こします。最後に、シャンプーはしっかり洗い流しましょう。残ったシャンプーが皮膚を乾燥させ、フケやニキビが発生し、頭皮ケアの妨げになります。

注目のノンシリコンタイプ

頭皮ケアを謳った商品はたくさんありますが、近年注目されているのはノンシリコンシャンプーです。ノンシリコンシャンプーとは、髪の毛をコーティングするシリコンを配合していないタイプのものです。シリコンが入ることで、洗髪時の指通りは良くなるのですが、髪の毛に皮膜を作る事になり、頭皮や髪の毛にはあまり良くないといわれています。また、頭皮ケアといっても、ハゲや薄毛、フケ、ニキビなど様々な目的があります。自分の症状に合った商品を選ぶことも大事なのです。薄毛や抜け毛対策には、抗菌や殺菌効果のある商品のほうがよいでしょう。なぜなら、アクネ菌が皮脂と結びつくことで発生する湿疹を防止できるからです。フケやかゆみで悩んでいる方には、アミノ酸が豊富に入った商品を選択しましょう。アミノ酸が頭皮に適度な潤いを与え、皮膚の乾燥を防止することで、頭皮ケアが促進されます。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る