髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

低刺激なシャンプー

女の人

一般的にシャンプーには、泡立ちを良くするための界面活性剤や、香りを良くするための合成香料などが配合されています。これらは化学物質から作られているため、やや刺激が強く、使用により頭皮がヒリヒリと痛むという人もいます。そういった人のために作られた低刺激なシャンプーが、オーガニックシャンプーです。オーガニックシャンプーは、界面活性剤も合成香料も配合せず、植物性の成分を中心として作られています。しかも原料となっている植物は、オーガニック栽培で育てられたものです。栽培に化学肥料が使われている場合には、原料自体に化学物質が入り込んでいる可能性があります。しかしオーガニック栽培された原料なら、その心配はないのです。そのためオーガニックシャンプーは、デリケートな頭皮をしている人でも安心して使用できると言えます。

オーガニックシャンプーには、コカミドプロピルベタインという成分が配合されていることが多いです。これは、ヤシ油から抽出された天然の洗浄成分で、泡立ちが良い上に、洗浄力がマイルドという特徴があります。強力な洗浄成分と異なり、皮脂を除去しすぎないため、洗い上がりの頭皮や髪がしっとりとします。また香料として、ローズオイルやレモンオイルといった、花や果物のオイルが配合されています。これらにより、フローラルな香りやフルーティな香りがついたシャンプーとなっているのです。また、グリチルリチン酸ジカリウムというカンゾウから抽出された抗炎症成分や、セラミドという米や小麦から抽出された保湿成分が配合されていることもあります。これらにより、痒みや乾燥といった頭皮トラブルも抑えられます。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る