髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

白髪染めを行う際に

女性

白髪染めの特徴

白髪が気になってくると選択肢の一つとなるのが白髪染めです。 白髪をそのまま抜いてしまうと頭皮が痛みますし、数か月に一度染めるだけで白髪の違和感を打ち消せるのですから、白髪染めはとても有効な美容テクニックと言えるでしょう。 白髪染めを行うにあたり、自宅で市販の白髪染めを使用するのか、あるいは美容院などで頼んで白髪染めを行うのかという選択肢を選ばなければなりません。 いずれにしても用いる染料に大きな差はありませんが、美容院では白髪の程度に合わせ、個人個人に合った配分・分量で行ってくれます。 市販の白髪染めは種類も多く、自分に合ったものを見つけるのはなかなか骨が折れます。 自宅で気軽に染める事ももちろん魅力的な白髪対策ですが、やはり専門家に任せることも有効な選択と言えるでしょう。

注意点と適切な頻度

特に自分で市販の染料を用いて白髪染めを行う際に注意したいのが、分量や頻度です。 まず、白髪は通常の毛髪と比べて色が入りにくい点に気を付けましょう。 染料に染めたい部分をしっかりと漬け、決められた時間をゆっくりかけて浸透させる心づもりが必要です。 せっかくの白髪染めも、染め残しが出来てしまったりムラが出来てしまっては意味がありません。 用法、用量をしっかり守りましょう。 また、白髪染めを行う頻度も考えなければいけません。 残念ながら、染めにくい白髪を染めるものですから、多かれ少なか髪にダメージを与えるのが白髪染めです。 なので出来るだけ頻度を空けて行う事が、長期的に髪を美しく見せ続けることにつながります。 白髪を1度染めたなら、次回には2か月ほど間を置くのが理想的です。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る