髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

髪が染まるトリートメント

ウーマン

髪と地肌を傷めず染める

髪や地肌の健康を第一に考える人たちに、無添加の白髪染めが人気となっています。2つの薬剤を混ぜ合わせる白髪染めのような強い刺激は無く、髪や地肌にとても優しいので、肌が弱い人やアレルギーのある人でも安心して使えます。増え続ける白髪を美しく染めるためには、継続して白髪染めを使用していくことになりますが、長く使い続けるならば無添加で体に安全な白髪染めを使っていくことで、髪の痩せや抜け毛を防ぎ、ハリやコシのあるつややかな髪を保っていくことができます。無添加の白髪染めは、トリートメントとして使えるタイプとなっていて、ツンとしたニオイも無く髪や地肌がまったく傷みません。使えば使うほどに髪が健康にツヤツヤになっていくというのも嬉しいところです。

シャンプー前後どちらでも

無添加のトリートメントタイプの白髪染めは、シャンプーの前にも後にも使うことができるので、その時の都合に合わせて使えて便利です。シャンプー前の乾いた髪に塗ってしばらく時間を置き、その後シャンプーをするという方法は染まりが良いと言われています。シャンプー後の髪をタオルドライしてからトリートメントのように使用するのでももちろんOKです。塗った後にシャワーキャップなどをかぶって、密閉して蒸すようにすることで染まりがよくなります。寒い時期はドライヤーなどで温めることで染まりやすくなります。シャンプーすることで少しずつ色落ちしていくので、2剤式の白髪染めよりは使用頻度が増えますが、無添加で体に優しいのでトリートメント感覚で手軽に使えます。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る