髪色綺麗┃地肌と髪に合った亜麻仁油やよく染まる白髪染めでオシャレ

カラー剤とマニキュア

鏡を見る人

加齢とともに髪の毛にあらわれてくる、白髪。白髪があると年齢以上に老けてみられる可能性が高くなるため、多くの方が白髪染めを利用しています。そんな白髪染めにはいくつか種類があるため、自身に合ったタイプを選んで使うことが大切です。よく染まる白髪染めを希望する方は、ヘアカラー剤を使用しましょう。
よく染まる白髪染めには、液タイプや泡タイプなどがあります。「ムラなくつけたい」、「使いやすいタイプがいい」など人により希望は異なるため、最も適したタイプを選ぶ必要があります。ヘアカラー剤のなかには、「アルカリ性酸化染毛剤」という成分が配合されており、これにより髪の毛の内部まで色味を浸透させることが可能です。明るめの色か暗めの色かを選ぶことができ、効果は2〜3ヶ月程度もたせることができるため、よく染まる白髪染めを求める方におすすめといえます。ただし、肌が弱い方や敏感肌の方の場合、肌トラブルを起こさないかどうか、あらかじめパッチテストを行っておきましょう。
ヘアカラー剤のほかには、ヘアマニキュア剤があります。これはヘアカラー剤より手軽に利用できる白髪染めで、効果は3週間程度といわれています。髪の毛の内部まで色味を浸透させることができないため、色味が肌にうつってしまったり色落ちしてしまったりする可能性があるという点は押さえておきましょう。
そのほかには、トリートメントタイプやシャンプータイプなどがあります。自身の好みのタイプに合わせ、よく染まる白髪染めを探してみてはいかがでしょうか。

オススメ記事

女性

白髪染めを行う際に

白髪染めは市販のものを用いて自宅で行う方法と、美容院へ頼んで自分に合った容量・用法で行ってもらう方法があります。いずれにしても2か月に1回ほどの頻度に留めることで、髪のダメージを最小に抑える事が出来るでしょう。染め残しやムラを作らないようにすることも意識して白髪染めを行いましょう。

詳しく見る

鏡を見る人

カラー剤とマニキュア

よく染まる白髪染めを選ぶなら、ヘアカラー剤のなかから選ぶのがおすすめです。カラー剤とマニキュアとでは染まり具合や落ちやすさなどが大きく異るため、しっかり考慮しましょう。使用前には、パッチテストを行うことも大切です。

詳しく見る

ディスペンサーボトル

染めたあとはどうするか

よく染まる白髪染めを使って髪の毛を染めたあとは、ドライヤーで優しく乾かす、パーマは期間を空けるなどさまざまな注意事項があります。使用するシャンプーなどにも目を向ける必要があり、これらが色持ちなどに大きく関わってきます。

詳しく見る

洗髪

髪の毛のお悩み

頭皮ケアは、シャンプーの選び方と洗い方に大きく左右されます。皮脂の状態を自分で判断するのは、なかなか難しいものです。皮膚科を受診し、自分の頭皮の健康状態を知った上でシャンプー選びをすれば、早く自分に合った商品に出会えることでしょう。

詳しく見る